Unititled, yet

タイトルはまだ無い

読んだよメモ

読んでるけど最近メモに起こせてない。 そんな本たちをメモ羅列しておく。

▪️自重筋力トレーニングアナトミィ 筋力、パワーを明確に図解した決定版!

自重筋力トレーニングアナトミィ

自重筋力トレーニングアナトミィ

参考になった部分もある。やはり筋肉は複雑だけに解説がしっかりしている本をいくつか読むといいんじゃないかなあ。所謂クランチ的な腹筋運動が最近は不人気、というかやらないほうが良い説が主流になってきているので、この本でプランクを勉強したい。うつ伏せになって両手両足で支えて体を真っ直ぐにするやつね。これも片手を上げたりするのは最上級に難しい。

▪️筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレ本が続くが、これは筋トレ面白おかしい話。とにかく筋トレすれば全部解決するんだ!という勢いで人生のアドバイスをいただけます。さらっと読めてクスッとくる。

▪️最強の働き方 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓 新人からベテランまですべての段階で差をつける

ムーギー・キム本。まあ一揃いビジネス書の要素が入ってる。そこそこ面白い文章で書いてあるので、ビジネス書初心者の方にオススメです。

▪️ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法

マネーボールのような本かと思いきや、よく分からない方向に進んでいく本。まあ、今まで見てなかったデータに注目したよ、ということで、ビッグデータ好きにも野球好きにもマネーボールのほうがオススメです。

▪️コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語

コンテナ物語

あのビルゲイツおすすめ!ということで一時流行った本。やっと読んだ。でもそんなにいいかしら?3行で要約されたのを読んで理解する以外は、「俺(彼)すごいでしょ」系のビジネス書っぽくなってくる。まあ事例を学びたい人にはいいのかも。

作業者が機械を入れるまでは「そんなの反対!」と言っていたが、いざ導入されると「安全のためにもっと導入すべき」となるのは面白い。

▪️史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

これはかなり面白かった!今まで哲学者の名前は知っているし、説いてることもなんとなく分かる、という状態だったものを非常に上手く要約してくれている。哲学に入るときはここから入って興味が出たのを深堀していく、というのが21世紀にはいいのではないでしょうか。楽しくためになる本。これはもう少し解説したいかも。オススメ。

▪️ニューカルマ

ニューカルマ (集英社文芸単行本)

ニューカルマ (集英社文芸単行本)

この人のいつもの感じ。現代のピカレスクですな。個人的に嫌いじゃない。

▪️「0から1」の発想術

「0から1」の発想術

「0から1」の発想術

みんな大好き大前研一。の本を最近読みすぎて内容が被ってくるのがツライ。が、基本いいまとめ方がされている本。ビジネス書好きにはオススメしたい。

▪️ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

売れている経営学の本は、今研究の現場でやってる経営学とは違うよ、という本。結構面白い。 が、不覚にもメモを取ってなかった・・?かメモするところがなかったのか?また読まねば。

こちらからは以上です